読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Fujisaki’s diary

藤崎さんの日常はこうなっていました。

第一回「藤崎さんはブログを書こうと思いました」

 

こんばんは、藤崎千早と申します。

いきなりですが、SNSが普及した今、皆さんは家族のSNSを覗いたことはありますか?

私は母が毎日更新してるブログの下書きの記事を目にして、とてもショックを受けました。

まさか、子供について、そんなことを書いていたとは、なんて思いました。

勿論母には母なりの想い・感情等々ありまして、子供が鬱陶しく思うこともあるかとは思います。

しかしながら、母自身、子供を鬱陶しく思うということを、私ですら分かるくらいに態度で示していました。

 

そして、もう一つ。何だか怪しい商売を始めたようなのです。

「あなたにいいこと起こりますように私が手助け致します」なんて。しかも初回割引しても一回一万五千円なんて怪しすぎると思いませんか?

 

そんなことがあり、藤崎さんは藤崎さんなりに子供の気持ちと母の行動とをブログで書いてみることにしました。毎日書くということはマメではない私には大変なことでありまして、時間を見つけてだったり、書きたいことがあるときにババーって書こうと思います。

 

ではおやすみなさい。藤崎千早